アーカイブ

アーカイブ

【開発者の声】新型S1000RRステップキット

2015/03/12

新型のS 1000 RRが発売になりました。

早速観察すると、フレームまで刷新されて、全く別のバイクになっています。

DSC_9881

ノーマル状態で試乗すると、大変良くできたバイクであることを再確認しました。

ポジションはサーキットならともかく、ハンドルバーの垂れ角が大きいのと

ステップベースの幅、シフトタッチの堅いのが気になりました。

 

まずステップキットを製作することにしました。

ポジションを決めるためにダミーのステップベースを製作します。

併せてシフトタッチも改善したいので、CAD上でシミュレーション開始。

シフトシミュレーション

ノーマルは、シフトペダルのピボットがステップバーより前方にあり、

そこからペダルがステップバーのほうへ向かって取り付けてあります。

このレイアウトが悪い訳ではありませんが、ペダルピボットからペダル先の距離が短くてスムーズな円運動が難しい感じです。

またステップバーの位置を変えると、ペダル先との距離などに制約が出てきそうです。

そこでステップバーと同軸のペダルにする事で解決できないかレイアウトを考えます。

パソコン上では何とかなりそうですが、実際は平面的なレイアウトだけではなく、

色々な凹凸や補記類との干渉が考えられます。そこでいつものように、試作品を製作しました。

今回のフレームは、ステップベースを取り付ける部分がかなり軽量化されて、シェイプアップされています。あまり頑丈すぎるものを作ると、もしもの時にこちらがダメージを受けそうなので、そのあたりも考慮しながら進めました。

ステップベースの幅を狭くしたいし、シフトタッチも改善したいし、逆チェンジにも対応

したいし、コストの事もあるし、・・・・

そこでツーピースの構成として、ステップベースは既存の S 1000 RRのものを流用して、

新たにベースブラケットとシフトリンクを製作してフィティングを行いました。

 

試乗したところ、ステップベースの幅を狭くしたことでフィット感がまし、同軸のシフトペダルにした事でシフトタッチも良くなりました。逆チェンジへの対応は、実車上で色々とフィティングして、シフトリンクの形状を変更する事で対応しました。

DSC_9965

弊社の社長に試乗確認してもらったところ、悪くはないがステップバーの位置をあと少し

前方にしたい旨。

そこでフレームを痛めないための軽量化を含めて、ベースブラケットの再試作です。

 

再試乗で OK がでました。あとは細かな意匠の変更とシフトペダルの製作、今回より必要になった(以前は日本仕様ではダミー)マフラーステーの取り回し等で商品化できます。

DSC_9983

それから新規となるシフトペダルのデザインと機能的な確認、マフラーステーの製作、形状変更となったシフトリンクの製作、細かな意匠の変更を終えました。

 

間もなく発売予定です。

新兵器!

2015/03/06

こんばんは。

突然ですが、こちらをご覧下さい!

P1040429ファロー社の3次元測定器「EDGE」

世界で最も売れているアーム型3次元測定器!

このスタイリッシュなアームと近未来を感じるハンドガン型測定器で、

どんなものでも一発で画面上に図面化できます。

P1040436

ハンドガンから出るレーザーで測定し、データはこのように画面上で表示されます。

一体なにを測定したのでしょうか...。

P1040442

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3802一方、別の場所ではこんな姿で入庫していました。

 

 

中島

 

 

 

 

 

リリースの予感が

2015/03/05

こんばんは。

 

先月のブログにてBMW RnineTのライディングステップキットをご紹介致しました。

今日も開発中ステップを少しだけご紹介致します。

 

DSC_9965

 

スウィングアームとステップキットのポリッシュ色がマッチしております。

シフトはリレーアーム式で少し複雑になっています、

リレーアーム下部の余っている穴は逆チェンジ用でしょうか…、

 

DSC_9985

 

早くご案内できるよう、開発を進めていきます!