アーカイブ

月別アーカイブ: 2016年8月

プラスワン・サーキット・エクスペリエンス(岡山国際サーキット)のご報告。

2016/08/11

アエラFacebook記事でもご紹介させていただきました、第1回 プラスワン・サーキット・エクスペリエンスが先週末、8/6に岡山国際サーキットで開催されました。勿論、AELLAの母体であるカスノモーターサイクルからもスタッフが参加させていただいております。 20160806_140715

30周年を迎える岡山県の老舗DUCATIディーラー「PLUS 1 」様の走行会の一コマです。見えますでしょうか?アエラテントに貼られた「」のPOP!今回はかき氷のサービスをさせて頂きました!熱中症の予防に貢献できたかも???

工場長、内田正人様のレースマシンにはいつもAELLAを選んで頂き、またプラスワン様の多くのお客様におすすめ頂いております。有難うございます。 AT8J1399

初めての方からベテランまで楽しめる素敵な走行会でした。AELLAからはコチラのデモ車のゴールド899を少し走らさせて頂きました。

今から第2回が待ち遠しい楽しい走行会でした!次回開催時にもAELLAからご案内できればと考えております。今回参加できなかったという方も次回はぜひ一緒に楽しみましょう\(^o^)/ プラスワンの皆様、ご参加いただきました皆様、お疲れ様でした!そして ありがとうございました!

 

そして、同週末に開催されていたドゥカティ京都のスクランブラーサイレンサー比較試乗会に、極暑の中にもかかわらずお越しいただいた皆様にもこの場を借りてお礼申し上げます。ご試乗いただきました皆様 一様にその走りの変化に驚かれていました!引き続き、ドゥカティ京都では「スクランブラー車検対応サイレンサー」「内圧コントロールバルブ」装着の試乗車をご用意していつでも皆様のご試乗をお待ちしております。

※イベント等で試乗車が出払っていることもございます。ご試乗を希望される方は念のため電話にてご確認いただけますようお願いします。

削り出しパーツってこんなに削るの!?

2016/08/11

お盆休みに入る前に整理をしようと、この数日で時間を作りAELLAの事務所の模様替えを行いました。

IMG_0318

この画像は模様替えの時に、普段出し入れの少ない棚の奥から発掘された、今ではあまり見ないドゥカティ乾式クラッチ用のクラッチカバーとクラッチカバーを作るための素材になるアルミの塊です。これをCNCで削って製品にするわけですが、片手で持つには重過ぎるくらいズッシリと感じます。

IMG_0316

ふと思い立ち 重さを計ってみると、びっくりの3,785グラム!

IMG_0317

それなのに出来上がったクラッチカバーはとっても軽い195グラム。なんと素材の約95%を削り取り形を掘り出しているんです!

IMG_0320

横から見た厚みはこんな感じです。

 

ステップやその他の削り出し製品においても、95%とは行かないまでも、素材の多くの部分を削りとってしまうのは同じです。AELLA製品は上質なアルミ素材を贅沢に使い、高い技術で時間をかけて丁寧につくりだされています。手にとってもらえればその良さが伝わると、使っていただければAELLAを選ぶことの意味がわかっていただけると、そう確信してスタッフはがんばっております。どうぞこれからもご愛顧頂けますようよろしくお願いします。

レッドラインマガジン最新号!

2016/08/06

 

2016年度、2冊目にあたるドゥカティの情報誌レッドラインマガジン最新号がウェブマガジンとしてドゥカティジャパンのサイトで公開されていますのでお知らせいたします。

redline

今号の内容は、ドゥカティ設立90周年ということで、これまでのドゥカティレースマシンの歴史や、500台しか生産されない90周年記念モデルパニガーレS アニバーサリオの特集、959の紹介やスクランブラーのカスタム大会「カスタムランブル」の様子などなかなかに盛り沢山です。

http://www.ducati.co.jp/…/new_redl…/2016/07/07/4226/index.do

データがけっこう大きいので、スマホで読もうとしている方は注意してくださいねm(_ _)m