アーカイブ

アーカイブ

CR-1、ぞくぞくと依頼いただいています。

2019/04/12

皆さんこんばんは!

朝晩はまだ冷え込みますが日中の陽気は春らしさを感じるようになってきました。

春特有のここちよい「ぬくさ」は眠気を誘いますが、ライダーにとっては目覚めの季節!

「さぁ!今年も行きますか!」と数ヶ月ぶりにカバーをめくると埃を被った愛車が・・・

なんて経験ありませんか?

また、季節に関わりなく乗っている方でも今の時期は「花粉」や「黄砂」がボディに付着したり

走っている最中でも季節の変わり目特有のにわか雨で足回りがドロドロになったり・・・

更にそれに花粉や黄砂が混ざり・・・と、悪い意味で四季を感じる現象に悩まされている方も多いかと思います。(実際カスノの試乗車たちも油断をするとすぐ黄砂まみれに・・・)

春はあけぼの、やうやうきいろくなりゆく愛車・・

春は走り出す季節で有ると同時に「洗車」の季節でもあるのです。

 

そして、洗車を楽にするのが、もはや説明不要の「CR-1ガラスコーティング」

純度100%のガラス皮膜で車体全体を覆い、汚れを付着しにくく、
例え付着しても落としやすくする優れものです。

最近、CR-1のご依頼をたくさん頂いており、誠に有り難うございます。

17_10_27_325

愛車を強く美しくするCR-1。
是非、ライディングシーズンインの準備の一つに加えて下さいね。

 

お知らせ
4月15日より施工料金が改訂されます。
皆様のご理解の程、宜しくお願い致します。
詳しい料金の方は下記リンクの公式HPの料金表よりご確認下さい。

https://www.cr-1.jp/

大型車両もOK!CR-1プレミアム施工【HONDA GOLDWING】

2019/03/11

こんにちは!
今日は小雨が降ったりやんだり、日がでたり。
女心のような空模様の一日でした。あたたかくな~れ。

 

さて表題です!
おかげさまで好評いただいております、CR-1ガラスコーティング。
当店ではDUCATI、BMW以外の車両も積極的に施工させていただいております!

今回コーティングをさせていただいたのは・・・
image-01

HONDA GOLDWING

水冷4スト水平対向6気筒SOHC4バルブ
車重383kg(装備)
変速機7段電子式(DCT)

もちろんGOLDWINGは有名ツアラーモデルなので知ってはいたものの、、、

P1250340

普段、BMWのK1600GTLなどの大型ツアラーを触らせていただいてはいるものの
間近で見させていただくとGOLDWINGの存在感の大きさたるや!
では早速、CR-1ガラスコーティング施工の様子をご紹介!
今回は「プレミアムコース」での施工となります。

今回は既に走行をされている車両への施工となります。
まずは目視点検で車両全体の汚れ・傷の状態を把握したのち
全体のほこり・汚れを落としていきます!

P1250346

車両を安定させるため、板をかませています。
大切な車両ですので、念には念を。

P1250347

車両を綺麗にすることで見えてくる小傷もあるので
エアーで水分・ほこりを十分に飛ばした後、
もう一度状態確認をしながら、ポリッシャーの下準備・マスキングテープ貼り。

P1250350
全体に貼っていきます!
カウル面積が多いので、できあがりが楽しみです^^

P1250351

そして大事な大事な土台づくりの一つ、ポリッシングタイム!
小傷を目立たなくさせたり、コーティングの施工面を均一にして
ガラスコーティングが綺麗に塗布されるよう丁寧に磨いていきます。

この後もう一度洗車をし、脱脂をしていきます。
P1250372

専用の溶剤やパーツクリーナーでしっかり手磨きします。
この工程がSUPER大事なんです・・・!

一見綺麗にみえる車体であっても表面にはワックスや油汚れがくっついていて
付着したままだと、コーティング溶剤をはじいてしまいムラが出来ます。

P1250371

このポリッシング・洗車・脱脂の工程なくしてCR-1の成功はあり得ません!
なので本当に丁寧に、時間をかけて洗車・脱脂をします。

その後はお待ちかね、CR-1ガラスコーティングを塗り込んでいきます。
P1250374

立体面はエアーガンで塗布します。
P1250393

塗布→から拭き→塗布→・・・・を繰り返し、表面に塗布していきます。
カウルに映り込む景色が綺麗になって参りました!

今回は”プレミアムコース”の施工になりますので
通常のガラスコーティングに加え、もう一作業をします^^
P1250410

撥水効果を高め、よりキズをつきにくくするこのプレミアムコースは
マイスタープロショップでしか施工できず全国でも5店舗しかありません。

ボトル製になり、3回まで無料で追加施工致します。

P1250409

プレミアムは手塗りです。
トップケースの蓋を閉じれば見えない場所にもしっかり塗布します。P1250404

傷がつきやすいタンク部分にも入念に。。。

P1250407

しっかり綺麗に塗布することができたので
ガラスコーティングによって表面の乱反射が減り、
ライトの映り込みもこの通りハッキリとしています^^

お客様にご満足いただけると嬉しいです!

大型車両もお任せください!

==============================================
ガラスコーティングの施工は事前予約をお願いしております。
納期・価格などのお問い合わせは
カスノモーターサイクル 075-622-0225
または下記お問い合わせフォームよりお願い致します。
http://www.casuno.com/contact/
==============================================

マットもOK!ヘルメットへCR-1ガラスコーティング施工!

2019/02/24

こんにちは!
2月も残り僅か、段々と暖かい日が増えてきました。

つまり、オートバイハイシーズンが目の前に・・!
この時期に準備をしっかりして春から走りを楽しみたい、
というお客様からガラスコーティングの施工依頼が増えています。

本日はヘルメットコーティングの施工ブログです^^
本日は合計4個を施工していきます。(艶あり3,艶なし1)
P1250202
傷がつかないよう、柔らかい布の上にヘルメットを並べて事前に状態確認をします。
新品であっても製造段階で入った小傷・汚れがある場合があるので、しっかり見ていきます。

まずは土台作り。
脱着出来る箇所は取り外し、全体を入念に脱脂して行きます。
小傷があった場合はバフがけを行うケースもあります。

P1250232

脱脂が完了した時点でこの美しさ。
ただこの状態だと汚れが固着しやすいので、この美しさをキープするのが
ガラスコーティングです。
ちなみに、こちらはDUCATIのCorse Carbon2、非常に軽くて美しいヘルメットです!

大切にしたい、綺麗さをキープしたいというお気持ちに
応えられるようしっかり施工していきます!
P1250241

いざ溶剤塗布!
特別な溶剤を染みこませた専用の布で、全体に塗り込んでいきます。
CR-1は液体を散布しそれが化学反応をおこし、硬化する事で本物のガラスが表面に形成されます。
(世に多く流通しているのはガラス「系」コーティング剤。純度100%ガラスなのはCR-1だけ)

その過程を目視したのち・・・

P1250242
乾いた布で全体を拭きます。
塗布→から拭きのサイクルを3回繰り返し、しっかりガラス被膜を形成させていきます。

P1250249
マット塗装のヘルメットにも、マットの質感を損なうことなく施工できます。

こちらはマットへの施工の様子です。

P1250256

ガラスコーティング剤を塗布するとツヤァッ・・・
P1250257
安心してください。表面にガラス被膜が形成されるとこの通り。
マットの質感をキープしたまま、黒色がキュッと引き締まります。

P1250248

仕上げにヘルメットの凹凸や隙間の部分も、溶剤が均一になるよう綿棒を使ってなぞっていきます。
ムラ防止の大切な工程です。エアーで吹くケースもあります。

P1250238

丁寧に作業をしていますので、ご安心ください。

4個とも、綺麗に仕上がりました。
ご依頼いただいた皆様、有り難うございます!

ヘルメット以外にも、オートバイへの施工依頼もお待ちしております^^

 
==============================================
ガラスコーティングの施工は事前予約をお願いしております。
納期・価格などのお問い合わせは
カスノモーターサイクル 075-622-0225
または下記お問い合わせフォームよりお願い致します。
http://www.casuno.com/contact/
==============================================

 

 

 

コーティング祭り!

2018/11/17

皆さん、こんにちは。
今日は久しぶりのCR-1コーティングの話題です。
なかなかCR-1ネタがアップできなくて興味のある方には申し訳なかったです。
おかげ様で多くのご依頼をいただいております。
本当にありがとうございます。
ここ一週間で特に多く依頼をいただきましたのでご紹介させていただきます。

まだまだ絶好調のV4です。
P1240522

BMWも。
P1240626

MV AGUSTAに
P1240340

国内メーカーもご依頼いただきました。
P1240600

ヘルメットコーティングもこの通り。
P1240552P1240555P1240561

部品単体でもOKです!
P1240597P1240599
既販車の施工前と施工後の仕上がりの差は本当に大きく違いますが
新車でも更に塗装に光沢、深みが出ます。
これで洗車も楽になるなんて素晴らしいですよね。
すでに施工をされた方からもやってよかったとご好評をいただいております。
ご興味のある方はお問い合わせからでも大歓迎です。
「CR-1」是非おススメします。

 

CR-1ガラスコーティングの研修へ参加しました

2018/10/08

こんにちは!
沢山の施工依頼をいただいているCR-1ガラスコーティング・・・

施工スタッフの育成・知識の深化を目的に
東京は足立区にあるCR-1事業部の本部へ行って参りました。

当店は数あるCR-1ショップの中でも5店舗しかないマイスター店
&施工件数もトップクラス・・・

ということで、到着したらそのまますぐに研修開始となりました。
まずはポリッシングです!
IMG_0094
コーティングで重要なことは、土台作り。
土台作りなしにコーティングの成功ナシ!断言!
かなり入念に・慎重に「ポリッシング・洗車・脱脂」の土台つくりをおこないます。

こちらは新人メカニック、伊藤くん。
カスノ大運動会のカスノ杯ではまさかのランクインを果たした伊藤くん。
IMG_0097
ポリッシングの時点で美しい艶やかな状態となりますが。
この状態をKEEPさせる力を持っているのがCR-1ガラスコーティングです。

ポリッシングの後は洗車・脱脂です。
一見綺麗な車体なようで(実際に綺麗ですが)、
車体にはグリス、カウル表面にも油・ワックスが付着しています。
IMG_0111
輸入車は多めにグリスが塗ってあるそうです。

この油やワックス、ホコリや泥などを洗車で洗い落とせなければ
はっきり言ってCR-1の施工は上手くいきません・・・!
ナゼナラ

コーティングの施工時点で溶剤は液体で、
ワックスや油汚れが車体に付着したままだと溶剤をはじいてしまい
ムラなどの原因となります。

なので本当に丁寧に、時間をかけて洗車・脱脂をします。
脱脂は専用溶剤とパーツクリーナを駆使して、
これまた細かいところまでがっつり綺麗にしていきます。

IMG_3430
綺麗になった!・・・と思いきや、
当店のマイスター中川から、油が表面に残っているよ、と指摘。
洗い直しです。さすがマイスター、施工件数が桁違いです。

IMG_0118
仕上げはおか~さ~ん♪っていう曲が頭をよぎります。

洗車・脱脂をおえた後は、しっかりエアーで水を吹き飛ばす!
水もコーティング剤をはじいてしまう原因となりえます。徹底的に乾燥。
ここまでの土台作り、しっかり勉強させていただきました。

さぁここからは!お待ちかねの施工!
IMG_3435
の、前に化学のお勉強と適切な溶剤管理方法を学ぶ。

そして先生のデモを見た後、遂にコーティング開始!
IMG_3439
まずは手塗りです。
コーティング後、溶剤が化学反応を起こしてガラス被膜を形成します。
手塗り→から拭き→手塗り→から拭き→手塗り→から拭き・・・
と、合計3回手塗り作業を行います。

化学変化が起きているかを目視確認出来る様にならないといけません。
これが結構タイミングが難しく・・・マイスターと先生をちらちら。。。

IMG_3442
タンク、シートカウル、ホイールは手塗りです。
ホイールは化学反応の具合が分かりづらくコツがいります。
手塗りの後は、ガンコーティング!
IMG_3444
注意点や具体的な施工方法などを学びます
IMG_3447
ガン先とバイクの距離感を一定に保つよう手を動かす
しかし手を動かしすぎると溶剤が波たつ・・・などなど
全体にコーティング剤がむらなく塗布できるよう、集中します。
IMG_0145
営業部隊もCR-1の知識UPのために、実際に施工
サスペンションなど手が届きにくい所も漏れがないようしっかり施工します!

IMG_3446

フェンダーの黒色がぐっと引き締まり、カウルも乱反射が減って美しい輝きに・・・
マット塗装にも施工OKです。
黒色が綺麗にはえるようになるので、カーボンなどを多く使っている車両の方にも本当にオススメなコーティングです。

しかも物理的に削り落とすか、化学薬品で剥離する以外に被膜自体はなくなる事がなく、経年変化はほとんどありません。

でも、、、、実際どうなの?洗車は楽になるの?とお思いですよね。
専任スタッフがしっかりお答えします。是非お気軽にお問い合わせ下さい!

山城のみなさん、有り難うございました^^