アーカイブ

アーカイブ

【カスタム ハンドガード】

2019/01/17

寒い時期に辛いのは手と足の指先ですよね!
冬になると多く頂きますお問い合わせの1つをご紹介です

寒い時期の「手」の守り方 ♪
この時期の良くあるご相談内容です

・冬用の手袋をするとなじむまで時間がかかり操作しにくい
→冬用グローブは長年使えるので諦めずに自分の手になじませてください
必ず使いやすくなりますので
(先日、クシタニ京都の三原様に教えて頂きました)

・電熱グローブは使いやすいけどツーリング中にもし壊れたら手が凍える(^^)
→弊社スタッフがツーリング中に片方に通電がなくなり寒かったらしいです

・グリップヒーターは専用品ならまだしも、後付けのものは使いにくい
→最近はほとんどが専用設計なので問題ないですが、後付けのものは径が大きくなりますね

そんな悩みを少し解決できるのが
ハンドガードです
(スクランブラー編)

DSC_1499

DUCATI パフォーマンスではないですが、違和感ないでしょ!
これの良いところはサイドにもアルミのステーがあって、
林道を走ったとしても横から出ている枝から手を守ってくれるところです
(まだ、走ったことないですが・・・)
ACERBIS というメーカーで色々な車両に取り付けできそうですよ
定価は16,200円(税込)

 

DSC_1452

こちらがDUCATIパフォーマンスです
サイドのガードがないので防雨風効果のみですが、
「DUCATI」のロゴがうれしいですね
定価は20,218円(税込)です

スクランブラーのご紹介でした
カスタムするなら恰好良くですね
参考にしてください

サービス

【カスタム メーター保護フィルム】

2019/01/14

本年も宜しくお願いします!
(ご挨拶がおくれました)

サービススタッフ一同より(^^)

 

冬になるとカスタムしたい病におかされるのは
ライダーの常ですよね
本日は便利商品のご案内です

「メーター保護フィルム」のご案内です

ミラーやメーターは、磨くときに気を使いますね
少しのほこりでキズがはいりますから
そこでお薦めしたいのが

DSC_1503

Moto Crazy様より販売されています
1728円(税込み)になります

・フッ素加工された保護フィルムは、汚れやキズからメーターパネルを守ります

・シートはシリコン自己吸着タイプなので、気泡が入りにくく取付が簡単です

・信頼の日本製で、しかも光沢感があります

 

DSC_1501

 

取付後の自然な雰囲気も最高です
勿論、視認性は元々と全く変わりませんのでご安心ください

そして、何故お薦めか???

キズから守る、キレイだけではないのがサービススタッフの目の付けどころ

DUCATIライダーの数名はキズだけでなく、

メーターレンズのクラックも経験されたことがあると思います

ブレーキオイルがにじんでメーターについて、シミになった方もおられると思います

この商品はこれらの心配から守ってくれます!!!

是非、お薦めします

ご自身の適合を下記より調べてきてください

こちらより!

勿論、DUCATI京都での取り寄せ、取付も可能です

心配毎は取り除きましょう

 

P.S. 交換になってからメーターの定価をしるとびっくりされるかもしれません

例えば、V4Sは、  144,980円(別)になります!!!!!!!!!!!!

保護フィルムを購入するしかないですね ♪

ご依頼お待ちしております

 

サービス

【 OHLINS with SCRAMBLER 】

2018/10/01

皆さん、こんばんは。
とってもお久しぶりの願化でございます。

京都はあっという間に台風が過ぎていきましたが
被害に遭われた方には謹んでお見舞い申し上げます。

しかもまたもや25号が発生したりして今週末も・・・
『もう来ないでーーー!!』て感じです。

先日、やっとSCRAMBLERのフロントサスに
天下の OHLINS 様のカートリッジキットを装着しました。
一緒にスプリングとフォークオイルも交換することになりますが・・・
正直、見た目はほとんどと言うか全く変わりません(当たり前か)

IMG_2149

先週のカスノ大運動会もこれでサーキットを走りました。
イイ!!これイイ!!
いや、楽しいッス!
同時装着の(笑)SUNSTARさんのブレーキディスクとの組み合わせで
乗り心地もさることながらブレーキのフィーリングが凄く良くなりました!
(因みにブレーキマスターはノーマル)

IMG_2147

スプリングのレートは 7.0N/mmとノーマルよりちょっと固め。
このカートリッジキットでは圧側もしくは伸側の減衰力を
左右のフォークに分けて搭載しています。

IMG_2146

IMG_2145

トップキャップもブラックでクールですね!
こういうアイテムはビジュアルも大事です。
これから週末の夜走りに向けて街乗りセッティングしようかな~
と思っております。
う~。。。楽しみ。

FKS501_1

リアサスペンションをOHLINSに交換したとき、
それ以上の感動があります!
ちょっとコストは掛かっちゃうけど
800cc のお客様にはぜひオススメしたい逸品です!

FKS501_2

ではでは。。。( ̄▽ ̄;)
願化 @ やらないよりはやって後悔 .com

【スクランブラーカスタム 11】

2018/03/25

DUCATI京都でもお手伝いをしていました「アエランブラー」ですが、

カスタムランブルの投票は今月20日に締め切られ、
5,000票を超える皆様の応援を頂きました
有難うございました

DUCATI京都からも皆様にこれからも沢山ご提案いたしますので、
お楽しみにしてくださいね!!!

今回は電装まわり(配線)についてです

20180306_192623[1]

間違いがないようにそれぞれに印をはじめにつけておきます
基本的にはそのままの配線の長さで使えるように各ユニットの配置を検討していますが、
場所を変更したユニットまでの配線の長さは調整をします
ちなみに今回はABSユニットとスターターリレーの配線の長さは調整することになりました
それ以外は削除するのみ・・・

 

20180306_175002[1]

↑は勢いよく削除した配線達です(^^)
メインハーネスって結構重いのです
少しでも軽くしたかったので、こんな結果に

つまり、キャブ化に伴い使用しない配線達です
これでハーネス自体の重量も変わったはず!

作業のついでとばかりにECUへの信号線も抜きました

予定通り、無事にエンジンもかかっています

次は、セッティングですね!!!
実際の走行日が迫ってきましたよ

楽しみでなりません

P.S.
キャブ化の原理やAELLAパーツの発売について大変多くのお問い合わせを頂いております
ご遠慮なく、なんなりと聞いてくださいませ
お待ちしております
一緒に、スクランブラーを楽しみましょう!!!

サービス

【スクランブラーカスタム 10】

2018/02/03

一旦のキリをつけなければならなかった
スクランブラーカスタム

詳細は後日ご案内いたします
予定どおり
準備していた部品を一気に組み上げました!!!

IMG_8889

デザインや外装の金箔がきになるところですよね!

「DUCATI京都」にお越しの皆様はご存じかと思いますが、
899のカスタムと同じく
琳派を意識しています

琳派とは、桃山時代から近代にいたる光琳や宗達などを代表とする美術家や工芸家の作品を示しています。DUCATI京都にはこれらの資料もあるので、見てください。

コンセプト等は改めてのご案内として、
サービスとしては軽さを強調したいところです

20180127_153358

このように前まわりと後まわりの重量を比較しながらカスタムしていきます
重量だけで軽くしても軽快感はうまれません

やはり重量バランスが大事です
この数年はこの手の数値もメーカーが公表するようになったくらいです

乾燥重量は144.5kg

前 77.5kg
後 67kg

比率では54:46となります

前まわりの加重を増やすことで安定感をねらっています
また後ろのホイールはサイズダウンをして細くしました
今回はマグネシウム鍛造でつくっていますよ

暖かくなって乗ることが待ち遠しいですね
まだまだ、完成は遠いですが

今まで案内をさせた頂いたように
DUCATI本社が開催しています「スクランブラル」に
弊社のAELLAブランドが出品するために作りました

是非、投票をお願いします
そして、完成したら是非のってください

1月31日公開にむけて一旦の完成としましたが、
やりたい事はまだまだありますので、
ブログを楽しみにしてくださいね

IMG_88541V9A84831V9A87331V9A8696

サービス