2 ページ中 1 ページ目
↞ ← 1 2

ストリートファイターV4の開発

2020/06/24

AELLAの開発をちょこっと見てもらおうと思います。
車両は最新のStreetfighter-V4!!

今回はエンジンスライダーです。
取り付け場所が限られているので、まずは3Dプリンターで作成したパーツにて位置合わせや他パーツとの干渉をチェック。

もちろん転倒時に守れる位置にくるようにデザインします。
確認後はアルミにて量産にはいっていきます。

次回もご期待ください。

 

 

Z900RS用製品「エンジンカバーガード」まもなくできあがります。(ジェネレータ/ パルサー/ クラッチ カバーガード)

2020/06/17

少しづつですがリリース予定のものが削りあがり、ご注文いただいている皆様へお届けするのもまもなくとなりました。

 

AELLA Z900RSです。

 

さて今回リリース間近となりますのは、

ジェネレータカバーガード

http://shop.aella.jp/item/IS00159N11171.html

 

クラッチカバーガード

http://shop.aella.jp/item/IS00159N11173.html

 

パルサーカバーガード

http://shop.aella.jp/item/IS00159N11172.html

 

いづれも万一の転倒時にバイクが受けるダメージを軽減してくれる心強い製品です。
見た目にもマシニングの仕上がり具合がバイクの質感を高めてくれています。

※画像はすべてポリッシュです。
通常品はブラック、もしくは無着色アルマイト(ホワイトアルマイト)となります。
ブラックですと装着感も目立たず、高級感も出てきます。(画像は後日アップします!)

 

今までの事例で行きますと、装着率の高い製品となります。
ご検討くださる方はバックオーダーになる前に、お早めにご検討ください。
お得な3点セットもご用意いたします!

 

Z900RSのそのほかの製品はこちらから
http://shop.aella.jp/prdct_list.html?category_code=334

 

 

発売延期のお知らせ:Z900RS用 ボディラインテープ(AE-90002)

2020/05/08

Z900RSオーナー様に残念なお知らせです。

今月5月発売を予定していました、「Z900RS用 ボディラインテープ(AE-90002)」ですが、
製作を依頼している協力会社様でラインテープに使用するカラーインクが入荷せず、
メディア(ラインテープベース素材)に印刷ができないとのこと。

なんでもインクはアメリカ製で、新型コロナウイルスの影響で工場がストップしているから、なのだそうです。
こんなところでこんな風に影響も出るのか・・・、と痛恨の思いです。

ラインナップを楽しみにされていらっしゃる方も多いと思います。
必ず発売しますので、今しばらくお待ちくださいますようスタッフ一同お願いを申し上げます。

 

ハンドルバーエンド チタンカラーの適合情報

2020/04/16

弊社の商品「ハンドルバーエンド チタンカラー」の適合情報です。

http://shop.aella.jp/item/IS00159N11047.html


どのバイクに使える? 適合図解です。



バーエンド部に切り欠きや突起などがなく、M6~M12ボルトで締結できる場合に限ります。

※パニガーレノーマルのバーエンドには装着できませんが、はAELLA製ハンドルバーエンドスライダー(AE-68302)を装着いただくことで使用可能です。

スクランブラー800用のサイレンサーが現行モデルまで車検対応

2020/04/09

DUCATIスクランブラー800用のサイレンサーが、現行モデルまで車検対応となりました。

スクランブラー800の全年式(デザートスレッド除く)で、
車検対応となっているのはAELLAのサイレンサーのみです!


ご購入はコチラから
http://shop.aella.jp/item/IS00000N10800.html

厚いトルクと排気量以上の迫力のある弾けるような重低音。
まるでエンジンをチューニングしたかのような軽快な吹けあがりが体感できる、走る気持ちよさを追求したAELLAの自信作です。

重量もAELLA製は約4.9kg、ノーマルよりもおおよそ2kgの軽量化となり、
バネ下重量軽減はハンドリングの軽快性向上にもつながります。


JMCAのプレートもばっちり!

AELLA Kawasaki Z900RS のフルエキ、届きました!

2020/03/24

今週末はAELLAモーターサイクルショーです。
皆さんAELLAチャンネル登録済みですか?まだの方はよろしくお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCVVVK4iH4wB4Sbd9--w12qQ


さて、AELLAカスタムのZ900RSも随分と進んできましたが、これがないとダメでしょう〜、
というわけで大望のフルエキマフラーがついに届きました!

 
自分のマフラーが届いた、の如く箱をオープン。



出てきましたのは、今回新たに製作をお願いしました、ワイバンマフラーです。
チタンのグラデが美しいサイレンサーです。



AELLAとのコラボモデルである、オリジナルロゴが入っています。

近日中に装着します。乞うご期待!

最新号「BMW Bikes」でAELLAパーツのご紹介をいただいています!

2020/02/27

 まもなく発売となります「BMW Bikes」にAELLA製品のご紹介をいただいています。
今回はBMWオーナーの方のガレージ紹介がされています。個人的にはうらやましい限りですが、ポイントで「なるほど!」と参考になることもありました。
その他、気になる新型車両のインプレも掲載されています。



ご紹介いただいたのは・・・
・S1000RR '19 ステップキット AELLAオンラインで詳細を見る
・S1000RR '19 ラジエター&オイルクーラーガード AELLAオンラインで詳細を見る
・S1000RR '19 ハンドル&トップブリッジ AELLAオンラインで詳細を見る

その他、S1000RRに適合するパーツがたくさんあります。
中でも、「ショートナンバーホルダー」、「タイダウンフック」は当初の予測を上回る人気です!

S1000RR用 AELLAパーツを見る

ぜひご覧ください。

Hypermotard950用 ナビゲーションステーのご案内

2019/11/27

ナビゲーションステー/スマホ対応(Hypermotard950:Daytona社製クレードル専用)
取付穴間77~81mm可変

 

 

AELLAのナビステーは車種専用設計、
CNCアルミ削り出しで高剛性です。エンジンの振動でもしっかりとナビをホールドします。主役のナビに比べればステーは脇役ですが、アルミ削りだしでなければ実現できない、細部にわたり滑らかな仕上がりは、一切の妥協を許しません。
 

ハンドルブラケットに高剛性のアルミ削り出しステーを共締めして取り付けます。センターの位置にすることにより視認性を重視しています。専用台座がヒンジ仕様の可動式のため、ナビ画面の角度を見やすい位置に調節できます。
専用台座自体の取付穴位置を変更することで、ナビ画面の位置も調節できます。

ナビステーのヘッド部分は180°さかさまにしても使用できます。
メーターとのカブリを気にされる方は重なりを最小限に抑えることができます。

商品ページはコチラ!
ナビゲーションステー/スマホ対応(Hypermotard950:Daytona社製クレードル専用)




今度のBMW S1000RR用ステップキットは特別仕様!?

2019/11/21

19 S1000RRの入荷を心待ちにされておられる方、たくさんいらっしゃると思います。
AELLAでは一足先に様々な製品を順次開発、発売しています!

AELLA オンライン  S1000RRのページ

さて、中でもしっかり時間を割いて鋭意開発中なのがAELLAの真髄ともいえる、ステップキットです。
AELLAはストリートユースを主眼において製作しますが、S1000RRに関してはサーキットでのテストも重ねてきました。



色々と試してみました。
通常ではありえないポジションも試しました。


開発初頭のものです。

その中でも意外だったのが「アップ&バック」のポジションでした。
今までもAELLAでは「フロント&ダウン」が主流だったのですが、S1000RRに関して言えば「アップ&バック」も乗りやすい!
という事でした。姿勢がキツくなるかと思いきや、ニーグリップがとてもやりやすいポジションでした。

という事で、


2ポジションを実現したステップベース。


「アップ&バック」と「ダウン&フロント」の2方向ポジションが得られる仕様としました。
具体的な決定はまだですが、2品番用意される事とのなりそうです。もちろん、どちらをお求めいただいても「オプション」でキットも用意される事となります。
街中では楽なポジションに、サーキットやワインディングではやる気スイッチの入るポジションに…そんな使い分けもできそうです。



詳しい情報を随時ご案内いたします。お楽しみに。



AELLA S1000RR、関東ディーラー巡業中!

2019/11/08

皆さん、こんにちは。 昨日より関東出張で各ディーラーさんを訪問させていただいております。今回はS1000RRデモ車でBMWディーラー様を訪問。 朝イチで立ち寄らせて頂いたのが「モトラッド港北」様。 話もそこそこに早速試乗頂きました。  



今回のAELLA製品で目新しいのが「ライディングステップキット」。今までにないバック&アップポジションの仮称「レーシングバージョン」です。 街中では少々キツイポジションかと思っていましたが、意外にも「タンクをホールドしやすい」とのコメントを頂きました。 人感想はそれぞれですが、色んな方に直接意見を言ってもらえるのは実に勉強になります! 何とこんなシーンも提供くださいました!




いやー、絵になる!カスノのバイクじゃないみたいです!
ご安心ください、モトラッドカスノでご覧いただけます!


今回のS1000RR用ステップキットはバック&アップの「レーシングバージョン」の他、フォワード&ダウンの「ストリートバージョン」も製作予定です。これでS1000RRの世界がさらに広がりますよ!

出来るだけ多くのスタッフ様に試乗頂くべく、さらに巡業ガンバリます!

さらに!
今週末の土日は「モトラッドセントラル飛鳥山店」様でこのS1000RRが見れます!私も現場にいますのでぜひいらして下さい!