【伊藤君G310Rレースまでの道のり③シャシダイ編】

2020/04/02

こんにちは!伊藤君おっかけブログ第③段です。

①と②をご覧になっていない方は下記より要チェックでお願い致します。^^

【メカ伊藤君 G310Rレースまでの道のり①契約編】

【メカ伊藤君 G310Rレースまでの道のり②納車編】



本日は”シャシダイ編”です。



シャシダイナモ(英語: Chassis dynamometer)とは、
自動車の馬力や燃費を測定する装置の事である





カスノのサービスPIT裏にはシャシダイが設置されています。

レースに参加されるお客様や、チューニングご希望の方、愛車の健康診断をかねて・・・
と馬力・トルク・排ガスの状態を正確な定量的データで把握することが出来ます。


若手メカニック伊藤君も、後学の為にシャシダイデビュー!


というのも、レース参加に向けてG310Rのマフラーを交換しました。
ノーマルマフラーからどのような変化があるのか、定量的に把握するのが目的です。




伊藤君がチョイスしたものは、コチラ
ヨシムラ レーシング機械曲R-77Sサイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC

※上記のマフラーはレース専用の為、一般公道の走行はできません


製品情報欄に、どのレースのレギュレーションに対応しているかも
記載されていて、G310のレースの熱さを感じました。

夜な夜な作業して交換されていたマフラー、
ノーマルが約7kgに対してこちらは約3kgと大幅に軽量化されています。


青木メカ指導のもと、シャシダイにセット完了

巨大なローラー上にオートバイをセットし、徐々に高回転へ・・・


こちらが計測結果となります。


◆赤色 ノーマルマフラー
Maxパワー 32.59  Maxトルク 27.80

◆青色 ヨシムラマフラー
Maxパワー 35.26  Maxトルク 29.10

マフラー交換によってしっかりエンジン出力・トルクが共に向上している結果となりました。
下が若干弱いG310Rですが改善され、上までしっかり回るようになったそうです。

乗った感覚+データで見るとわかりやすいですね。
あとは走るだけ!!!



次回4回目はついに”レース参戦編”となります。お楽しみに!!


この投稿は2020/04/02