102 ページ中 84 ページ目
82 83 84 85 86

適合案内

2015/04/09

こんばんは。

DUCATI Monster821 のラジエターガードに関して、たくさんお問い合わせを頂いておりました。
大変長らくお待てせしておりましたが、DUCATI Monster1200用ラジエターガードを少し仕様変更し、Monster821にも取り付け可能となりました。
性能と価格は変わりません!

通気性と飛び石や虫による目詰まりを防止を両立させた、無段階ウェーブパターンを採用しまし、更に耐腐食性と耐久性に富んだ0.8mm厚ステンレスでがっちり守ってくれます!

ステンレス地肌 ¥19,000-(税抜き)
ブラック加工   ¥24,000-(税抜き)

弊社オンラインショッピングサイトではまだ適合に含まれておりませんが、近々更新致しますので今しばらくおまちください。
もちろんメールでの問合せより、直接ご注文いただけます!
ご注文お待ちしております!IMG_4075IMG_4076

正式にリリースです!

2015/04/05

こんばんは。

2月のブログにてステップキットに関する【開発者の声】を書かせていただきました。
その商品がついに正式リリース致します!

 

AE-10074
RnineTはライダーのカスタム意欲をくすぐる、いじってなんぼがコンセプトであり、メーカーアクセサリーも充実し、自分だけのオリジナルマシンを追求できるとても魅力的なバイクです!
その唯一無二のマシン作りにAELLAパーツを!!

RnineTの車両に合わせ少し丸みを帯びたこだわりのデザインと、左右の構造が違うアシンメトリー仕様となっています!
またステップ位置も8ポジションと調整の幅をきかせてあり、自身のベストをチョイスしていただけ、さらにペダル先は無段階調整で微妙な調整が可能となっています!

カラーはホワイトとブラックの2色
価格は¥109,000-(税抜き)となっております。

是非お問い合わせください!

DSC_9887 DSC_9890 DSC_9911 DSC_9894 DSC_9896

 

 

是非ご予約ください!

2015/04/04

こんばんは。

少し前にブログでもご紹介いたしましたが、再度ご案内でございます。

AE-68301・2・3

 

汎用性の高いハンドルバーエンドの登場でございます。
AELLAデザインでドレスアップはもちろんですが、エンド部分がスライダーとなり機能面も持ち合わせています。スライダーということなので万が一の時は補修パーツとして、エンド部分のみのご注文も可能です。
もちろんドゥカティに装着可能ですし、トライアンフもBMWもサイズさえ合えば取り付け可能です!

サイズは14~15mm、16~17mm、18~19mmの3タイプございますので、ご自身の車両のハンドルをチェックしてみてください。

リリースは今年の夏を予定しておりますので、ご予約是非お待ちしております。

 

 

試作段階

2015/04/03

こんばんは。

 

AELLAではたくさんハンドルを作ってきました、アルミテーパーハンドルバー、カーボンテーパーハンドルバー、スチールハンドルバー、そしてアルミ削り出しのセパレートハンドル。

今回はまだ試作ですが、新しく削り出しのアルミハンドルを作ってみました。

IMG_4016

 

これまでのセパレートタイプではなく、バーハンドルタイプの削り出しです!
つけるだけで存在感間違い無しでしょう。

IMG_4017

 

これがどの車両に使えるのか、もしくは汎用性の高い仕様なのか、はたまた本当にリリースされるのか...
乞うご期待ください!!!

明日は…。

2015/03/27

こんばんは。

明日は美山で試乗会を行います!
気になる試乗車両といいますと、

DUCATIからはM1200SとM821です。
空冷から水冷エンジンとなったモンスターファミリーの、大排気量とミドルクラス仕様に乗っていただけます。M1200かM821どちらか片方に乗れば、是非もう一方も乗ってください!1200と821の排気量の差がどんな乗り味になっているのか体感できるチャンスでございます。

BMWからはR1200RとS1000Rの2台を試乗いただけます。
水平対向2気筒の独特なエンジンと、並列4気筒エンジンの国産スポーツバイクに引けを取らない走りをすること間違いなしでございます。それに加え電子機能が盛りだくさん付いていますので、一度の試乗では使い切ることができないかもしれません。なので何度でも乗ってください!

最後にMVagustaからはBRUTALE800 Dragster を試乗いただけます。
見た目が斬新で興味をそそられるバイクですが、見た目だけではありません。
低燃費走行では面白さを味わうことはできない、エンジンを回せば回すほど走ってくれる超高回転型のエンジンとなっています。見た目良し!走って良し!の面白バイクです!

 

これらほとんどの車両にはAELLAパーツがつけてあります。外車は癖が強くて初心者の私にとっては乗りにくい…、外国人スタイルは大柄だから、ハンドルやステップは広くて遠くて扱いにくい…。
なんて思っている方は、意外な乗りやすさに驚かれるかもしれません。
それは少しだけ少しだけ…AELLAパーツのおかげですので、もし輸入車に乗ることになればAELLAをお忘れなく!!

 

 

 

明日28日(土)はAELLA営業課が不在となるため、フロント業務はお休みとなります。
お客様にはご迷惑をお掛けすることとなりますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

画像の貼り付け方がわかりません。New ホームページ中島

 

 

 

マフラーに続きマフラー

2015/03/23

こんばんは。

1299 Panigale に続きマフラーの話題を。。。
昨日の記事は、こんなのはどうでしょうかという妄想記事でした。
しかし今回は、

DSC_0483

こちらは合成でも何でもない、リリースが近づいているAELLA商品でございます。
ポリッシュのサイレンサーボディにAELLAのプレートが光っていますが、果たして車両は何でしょうか。

kumi01b

気になる車両はこちらです!
Triumph デイトナ675 2014~

AELLA製スリップオンマフラーをつけると、

IMG_2043

長すぎず、短すぎず、スタイリッシュな楕円ボディ、さらにはチタン製のきらりと光るポリッシュ仕様となりました。
サウンドのほうも3気筒エンジンのメカニカルな高音の後ろから、AELLA製サイレンサーの低音が響いてくれる、すばらしい出来となりました。

そしてもちろん車検対応です!

これから量産にかかりますが、上の写真は試作品となりますので、出来上がりは少し変わる可能性がございます。

 

お問い合わせ、ご注文お待ちしております!!

 

中島

こんなのはいかがですか?

2015/03/22

こんばんは。

DUCATI 1299 Panigale の国内仕様が発表となりました。
マフラーのデザインも1199と違いツインマフラーとなりましたが、日本の規制は厳しいです…。
サードマフラーがビヨーーーンと伸びて、本国仕様と少し離れたデザインになってしまいました。

20150306_news_pa02


このツインマフラーからいくつか違うデザインを考えてみました。

 

①現代風にポリッシュが目立つ楕円サイレンサー

1299パニアエラ?風

 

②レースを意識したメガホン型

1299パニGP風ロング

 

③さらにかち上げてショート仕様

1299パニGP風ショート

 

皆さんのお好みはどれでしょうか♪

【開発者の声】新型S1000RRステップキット

2015/03/12

新型のS 1000 RRが発売になりました。

早速観察すると、フレームまで刷新されて、全く別のバイクになっています。

DSC_9881

ノーマル状態で試乗すると、大変良くできたバイクであることを再確認しました。

ポジションはサーキットならともかく、ハンドルバーの垂れ角が大きいのと

ステップベースの幅、シフトタッチの堅いのが気になりました。

 

まずステップキットを製作することにしました。

ポジションを決めるためにダミーのステップベースを製作します。

併せてシフトタッチも改善したいので、CAD上でシミュレーション開始。

シフトシミュレーション

ノーマルは、シフトペダルのピボットがステップバーより前方にあり、

そこからペダルがステップバーのほうへ向かって取り付けてあります。

このレイアウトが悪い訳ではありませんが、ペダルピボットからペダル先の距離が短くてスムーズな円運動が難しい感じです。

またステップバーの位置を変えると、ペダル先との距離などに制約が出てきそうです。

そこでステップバーと同軸のペダルにする事で解決できないかレイアウトを考えます。

パソコン上では何とかなりそうですが、実際は平面的なレイアウトだけではなく、

色々な凹凸や補記類との干渉が考えられます。そこでいつものように、試作品を製作しました。

今回のフレームは、ステップベースを取り付ける部分がかなり軽量化されて、シェイプアップされています。あまり頑丈すぎるものを作ると、もしもの時にこちらがダメージを受けそうなので、そのあたりも考慮しながら進めました。

ステップベースの幅を狭くしたいし、シフトタッチも改善したいし、逆チェンジにも対応

したいし、コストの事もあるし、・・・・

そこでツーピースの構成として、ステップベースは既存の S 1000 RRのものを流用して、

新たにベースブラケットとシフトリンクを製作してフィティングを行いました。

 

試乗したところ、ステップベースの幅を狭くしたことでフィット感がまし、同軸のシフトペダルにした事でシフトタッチも良くなりました。逆チェンジへの対応は、実車上で色々とフィティングして、シフトリンクの形状を変更する事で対応しました。

DSC_9965

弊社の社長に試乗確認してもらったところ、悪くはないがステップバーの位置をあと少し

前方にしたい旨。

そこでフレームを痛めないための軽量化を含めて、ベースブラケットの再試作です。

 

再試乗で OK がでました。あとは細かな意匠の変更とシフトペダルの製作、今回より必要になった(以前は日本仕様ではダミー)マフラーステーの取り回し等で商品化できます。

DSC_9983

それから新規となるシフトペダルのデザインと機能的な確認、マフラーステーの製作、形状変更となったシフトリンクの製作、細かな意匠の変更を終えました。

 

間もなく発売予定です。

新兵器!

2015/03/06

こんばんは。

突然ですが、こちらをご覧下さい!

P1040429ファロー社の3次元測定器「EDGE」

世界で最も売れているアーム型3次元測定器!


このスタイリッシュなアームと近未来を感じるハンドガン型測定器で、

どんなものでも一発で画面上に図面化できます。

P1040436

ハンドガンから出るレーザーで測定し、データはこのように画面上で表示されます。

一体なにを測定したのでしょうか...。

P1040442

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3802一方、別の場所ではこんな姿で入庫していました。

 

 

中島

 

 

 

 

 

リリースの予感が

2015/03/05

こんばんは。

 

先月のブログにてBMW RnineTのライディングステップキットをご紹介致しました。

今日も開発中ステップを少しだけご紹介致します。

 

DSC_9965

 

スウィングアームとステップキットのポリッシュ色がマッチしております。

シフトはリレーアーム式で少し複雑になっています、

リレーアーム下部の余っている穴は逆チェンジ用でしょうか…、

 

DSC_9985

 

早くご案内できるよう、開発を進めていきます!